May 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

EMPEROR ナカノオオエノオウジ

   
最近めちゃくちゃ夢を見る。
熟睡できてないんだなあ。おかげで寝起きがスッキリしないよ。

今日は「中大兄皇子は固有名詞なんですか!?」って周囲の人間に聞いて回る夢を見た。


起床後、夫に夢のことを話したら
「同姓同名の人間が相対した時、『それを固有している』と言えるのだろうか」って哲学で返された。わからん。


娘にも「中大兄皇子って固有名詞なの?」って聞いてみた。
「固有名詞はまだ習ってないから知らん。」って言われた。そうか。




よくわからないので軽くぐぐってみた。敬称だから代名詞っぽい。
でもなんか複雑な家庭事情とか天皇事情(?)とか、「中」の解釈がくせものみたいで
時代の流れで変わった概念とかも加味しなきゃいけないようだし把握するのがむずかしい。

私は日本古代史に興味が無いままここまで来てしまったので中大兄皇子のこともまるで知らず
結局よく分からなかった。

これを機に学べ!という無意識からのメッセージかもしれない。

ユングに話したらどう夢解釈してくれるだろうか。



JUGEMテーマ:日々徒然



ばっしゃばっしゃ

    
フェス中。

ヒッセン強化の必要性が謎過ぎる……




ゴリ押しでなんとかなっちゃう。チート武器すぎないか。


バケツ系をどうにかしたかったんならバケスロの当たり判定を拡大してほしかったなあ。理不尽すぎるもん。
私はバケスロが好きなんだ。好きなのに報われない悲しみ。

ほんと、なんでヒッセンにしたんだろう??
元々バランス取れてる武器だったよね?普段使わないからそんなに知らないけども。


無双できて楽しいけど、これで調子乗ってるとシューターのエイムりょく落ちそうだから
たまに使う程度に留めた方がいい気がする……



JUGEMテーマ:ゲーム



今日からフェス!!

   
スプラトゥーン2復活のフェス!!

夜7時からだと思ってたら、朝からだったんだね。



スプラ2には個人的な思い入れがあるので
最後のフェスの時はとっても感慨深い気持ちになりながらヒメ降臨を見ていた。




甲子園リベンジしたい気持ちをひっそりと隠して今日も楽しむ。



JUGEMテーマ:ゲーム


たぬきとねずみ

   
本日のおうち学校はお休み。


朝、寝室に二人がそろ〜っとやって来た。
何が言いたいのかはすぐわかった。


そういうわけで、今日のおうち学校はお休み!



我が家は平日9:00〜14:30までは勉強タイム。
私は仕事があるので完全に自主学習にまかせている。

最近の通信教育というのはよく出来ているもので、親不在でも自己解決できるような仕組みが整っているのだ。


3か月間二人ともここまで一人で勉強し続けてきて一度も「今日休みたい」と言ってきたことはなかった。
すごいな。偉いな。
むしろようやく言ってきたか!と思った。



一昨日、息子にはちょっとショックな出来事があった。
きのうもそれを引きずっていて傷心だったのでまだその傷が癒えないのだと思う。
上の子もフォローしてくれていた。偉いな。優しいな。



二人はさっきまでベイブレードで遊んでいたけど今は人生ゲーム(ボドゲの方)を引っ張り出して部屋に持っていった。

「テレビゲームは学びの宝庫だからたくさんやれ。ゲームも勉強。」というのが我が家の方針ではあるけれど
平日の学校時間はゲーム出来ないことにしてる。
だから普段学校を休んだ時も下校時間まではゲームは出来ないことにしている。

ゲーム以外の事やる時間だって、ゲームやる時間と同じくらい大切だからね。



上の子はいつも早起きして勉強開始時刻までゲームしてる。
それだけでも3〜4時間は出来ている。

「姉ちゃんは早起き大会で優勝できるよ!」
と今朝、息子が褒めたたえていた。おもろい。



子供の会話聴いてるだけで笑えてくるのでいつもこっそり聞くようにしてる。
大人が介入すると素の会話が聞けなくなってしまうから。


ゲームやってる時もそれ以外のことで遊んでる時も、笑いが絶えない。
もちろんケンカもするけど仲は良い。
なかよしでよかった。本当にありがたいことだよ。






画像は数日前に上の子が起き上がりこぼしの原理を弟に説明するために持ち出した過去の工作。
娘が8歳の頃に作ったもの。

現在8歳の息子はこれを見て「可愛すぎる!!」と大層気に入り、「ねっちー」という名前をつけた。
かわいがりまくり今はレゴの中にいる。


息子はねずみだからねっちー、と名付けたらしいけど
娘としてはタヌキのつもりだったらしい。



おもろい。ほんと子供っておもろい。



JUGEMテーマ:子育て日記



※お知らせ

   
■二次創作で私のこと知ってて見てくださってる方へ



まだ1億円はぜんぜん稼げてなくて夢のまた夢って感じなんですけど
仕事は上手くいってそれなりに軌道に乗り、考えもちょっと変わったので
pixivに引き続きサイトも非公開やめて公開に戻しておきました。(支部から飛べるようにしました)

といっても最後の時のままなので跡地。
今後サイトでなんかアップするとかって予定はないです。

今のところ創作意欲もほぼない。しかし湧く時は突然なのでわからん。
過去に描いたものはpixivの方で。


サイトには休止理由とか想いとか語りとか色々の長々した文章と、考察がちょっと置いてあるだけです。



考察は自分が思っていた以上に読んで頂けていたようで、
それなら公開にしとこ!と思いました。

ありがとうございます。感謝!

太陽がのまれてく

   





鏡に映ったあなたと2人。
私と私、な歌詞。



永遠の名曲ってやつですな。




globeはもはや好きとかを超越している。







全盛期の頃にはglobeのCDだけでオリコンシングルチャートのトップ5を独占したこともあったという。


それだけ日常の中でglobeの曲が流れていた。でも当時子供だった私は彼らの存在を認識していなかった。
大人になってから彼らの曲を聴くたびにどれも聞き覚えがあったのは、
当時それだけ聞く機会があったからだろうね。

globeはアップテンポな曲なのに切なさが凝縮していたりする。
デビュー曲からしてそうだ。

だから明るい曲のはずなのに涙が出そうになったりする。
でも私の切なさの中には懐古も含まれているのかもしれない。



globeが活躍していた頃は自分の人生の中で一番つらく苦しい時で、同時に楽しいこともたくさんあった時代。

でも本音を言うとやっぱりつらい記憶の方が多い。



そういう心をglobeの曲に癒してもらってるような気がする。







JUGEMテーマ:音楽

火曜と水曜は花丸の日

   
今日はハケンの日だ〜〜!楽しみ過ぎてすでにうずうずしてる。

こないだは神回だったからな。
どうなるんだ。どうなってしまうんだあの二人は。


昨日は逃げ恥の再放送、第一話を見た。今まで見てなかったんだよね。
こういうリアリティのないドラマは好みなので見てて面白い。
気になる出演者がいるので2話以降も見るぞ。

水曜日に続いて火曜日の楽しみも増えて嬉しい( ◜ω◝ )


  ↓気になる出演者(の後ろ姿)。











家庭菜園の小松菜を今朝全部収穫した。
初収穫後もちょくちょく大きくなったものは採っていたけど、今朝見たら
葉っぱが全部元気無くなってたからもう潮時かな、と思った。

娘が採りたーい!と言ったのでやらせた。

我が家の子供たちは二人とも自然が大好きだ。
なのでプランターの様子を日々見に行ってもうこんなに大きくなってる!とか喜んでいる。

娘は生き物の生態に詳しい。
雑学系のテレビ番組とかを見てると答え合わせの前に娘が仕組みなどをとっとと説明してしまう。
私は人間以外の生き物については基礎知識がまるでないので感心するばかり。

息子は田舎の古民家でサバイバル生活するのに憧れている。
ド田舎でなくとも自然と調和している場所なら良いらしく
どこに家を買おうか、どんな内装にしようかと日々頭を悩ませている(気が早い)


そんな感じの二人なのでキャンプするのが決まると数週間前から楽しみ楽しみ!と心待ちにして
キャンプで何しようかとか二人でいろんな作戦を立てている。





私の周りではゲームばかりやらすと引きこもりになるとか
ゲームを始めてしまうと他のことに興味を持てなくなるみたいなこと言ってゲームを制限する親が多い。

そんなことないのになあ。と思う。


うちも休憩時間は設けてるけど、朝起きた瞬間からゲームはしていいから
休日は6時間くらいぶっ通しでゲームしてたりすることもよくある。


今はオンラインゲームでマイクでおしゃべりしながら同じ学校の子たちとよく遊んでる。
会えなくても話は出来るし、一緒に遊べることまで出来る時代。
こんな時だから大切な交流のひととき。


でもゲーム禁止の子も多いから、仲良しの子と遊べない息子は寂しそうだ。
「○○くんは6年生になるまでゲーム買ってもらえないんだって」なんて聞くと
人様の家庭事情は様々とはいえ、なんだかとても悲しくなってしまう。


もうちょっとゲームすることが当たり前になるといいんだけどな。




JUGEMテーマ:日々徒然
日本のTVドラマ
子育て日記

おだんごあたま

   
今日はひっさしぶりに寝起きの気分がだめだめだった〜
憂鬱に満たされてたよ。
思い当たることといったら低気圧くらいだけど、頭痛ーる見るとそこまででもない。謎。


今も頭がぼんやり。気分も、ちょっと気を抜くと鬱々になっちゃいそう。
こういう日はとにかく「他人と関わる」に限る。







今youtubeで過去のセーラームーンアニメが公式配信中だと聞いて早速見た!んだけど、
定期的に古いのは消されるようですでに30話あたりまで進んでしまっていた。

でもでも!無印で一番胸熱ともいえる正体バレのところだったのでラッキーだ。

物凄く記憶が鮮明なのでたぶん当時もここら辺の話は興奮しながら見ていたと思うけど、
今見たらさらにドキドキが加速していて目頭が熱くなった。なぜそこまで。


まもちゃん今見ると素直にカッコイイと思える。当時はノー胸キュンだったのに…
守られてるのキュンとしちゃう。ちょうどシリアスなとこだからかなあ。
アニメは漫画と違ってギャグ多いから…。




私のケンカップル萌えの原点はもしかしてセーラームーン?と今更ながらに思ったり。
くっつく前のうさぎちゃんとまもちゃんの関係性が好きすぎる。

でも当時ってケンカップル作品多かったと思うし、様々なケンカップルを見て育ったからな気もする。



自分が見たいもの描いてるのになぜ自分で萌えないのかと、
数年前散々悩んでいたけど理由が分かってきた。

くっつくとだめなんだな。なるほど。
うすうす気付いてはいたけど確信になってしまった。



JUGEMテーマ:日々徒然


気遣いとか距離感とかぶつかり方とか

   
アベノマスクは届かないけどヒロセマスクはめっちゃ届くぞ。
(今回は5枚くらい入ってた)
   




髪明るくしたってこないだ書いたけどさ。

「赤紫の髪、かっこよくて俺は好きだったよ」と夫に言われ
いそいそとカラーバターで染め直す私。


見事に全体暗めの赤紫になった。なーにが明るい色が好き〜〜だ。



それから昨日はひさしぶりに本気メイク(勝負メイク)をした。
夫が好きな系統と自分が好きな系統をすり寄せる研究。
見事いいかんじになった。

楽しかったし本気の可愛いを夫から貰えたから心の中でニヤニヤした。
頑張って顔に出さないようにした。

別にいつも夫の好みに合わしてるわけじゃないけどさ、
合わせたい時だってあるよね。
可愛いって永遠に言われ続けたいもん。



カラーバター便利だなーと思うけど泊まりに行く時は困るよね。
宿泊施設のタオルは真っ白だから。
クリーニング業者からしたら漂白とか余裕なのかもしれないけど、あまり色付けて汚すのも気まずい。

まあ今はほとんど出かけないしそんな心配する必要もない。



しかしながら
世間はなんかもうコロナ終息寸前の解禁ムードっぽい。

変わらない日常を過ごしていると、コロナなんて本当にあるのか?って気がしてくる。

だからなんとなーくの雰囲気で
もう大丈夫だろ〜数字も減ってきたし〜〜とか確かに思ってしまうだろう。

私も最近は気が緩んでる。
数字を根拠にするには前提が必要なのに、そんな当然のことにすら向き合えなくなりかけている。
これが正常性バイアスってやつなんだな。怖いな。



うちの地域も月末から学校が始まる。
夫に「どう思う?」って聞いたら、
「まだ行かせられるわけがない。少なくとも潜伏期間の日数は様子見ないと」と言った。
うん。私もまったく同じ意見すぎる。夫婦で同意見なので我が家はぶれない。

でも意見が合わない夫婦は本当に大変そうで、見てるだけでつらい。
子供の事になると本気になるからぶつかりもする。
しょうがない事だけど。ストレスは半端ないだろうな



地域子供会のグループLINEでも親たちは以前より雑談が減っている。
コロナのコの字も出ないし、完全に業務連絡だけになってる。

それぞれ考えが違うから、地雷踏まないようにしてるんだろな。


みんな今何考えてるんだろ、って思うけど
友達ではないから深堀りする必要もないし、この距離感はちょうどいい。
和を乱さないための上手な距離感。
みんな大人だなあ、と思う。


私はどうしても自分の意見を主張し過ぎてしまうから、親コミュでは基本的に無口でいるようにしてる。

去年は下の子の担任とだいぶぶつかった。
これまで上の子で担任とぶつかったことはない。いい先生だなあ、と思う事が多かったから。

去年は納得いかない事が沢山あった。だから私は率直に抗議しただけだった。

でも学校に従順じゃない親は異常者と見做されるので、学年主任からはモンペ扱いされてるのかもしれない。
別にモンペでも何でもいい。


軍事教育みたいなコントロールで子供の繊細な部分を傷つけて、
その傷に固定化された学びの形をねじ込むようなやり方。
そんなのされるくらいなら学校行かない方がマシだと思う。


今年の担任は良い先生ぽい。それだけに学校行かせてあげられないの残念すぎる。
去年の教師は思い出しただけでめっちゃむかつく。ひたすらむかつく。


私はまだ大人にはなれないよ。



JUGEMテーマ:日々徒然
子育て日記

all of you

   
「ユング心理学と仏教」読み終えた。
ページ数少ないし講演用に編纂された考察集だから内容ライトでさくっと読めた。

といっても興味深い部分はもりもりあったよ。特に免疫学の話とか。


人体の神経系、内分泌系、免疫系の各システムにはそれらを統合する「中枢」ってものは存在しないんだってさ。
一つの中心というものはなく「お互いの共存性」によって結果的に統合をもたらしていると。

現代でも脳がすべてをコントロールしてるわけじゃないって判明してる。
「脳が体の司令塔」というのは90年代までの常識だった。
腸は脳の指示がなくても自ら動くし、心臓が感覚器官であることは既に結論付けられた。

人体もまだまだ不思議で満たされてるよね。





エピローグで紹介されてた禅僧の逸話が面白かったので紹介して終わる。


--------------------

二人の僧が旅に出て、川に行き当たります。
その川は誰も歩いて渡るほかはありません。

そこに美しい女性がきて、川の中に入るのを嫌がっているように見えます。

すぐさま、一人の僧は彼女を抱いてその川を渡りました。

向こう岸で彼らは別れ、二人の僧は旅を続けました。
しばらく黙って歩き続けましたが、一人の僧が口を聞きました。

「お前は僧としてあの女を抱いてよかったのかと、俺は考え続けてきた。
あの女性が助けを必要としていたのは明らかにしてもだ。」


もう一人の僧は答えました。

「確かに俺はあの女を抱いて川を渡った。しかし川を渡った後で、彼女をそこに置いてきた。
しかし、お前はまだあの女を抱いているのか」





ユング心理学と仏教 1995 河合 隼雄,pp.215-216)



JUGEMテーマ:



123>|next>>
pagetop